Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

お休み最終日

Exercise Family Baking Food

子どもたちは今日から学校ながら、なおとJは今日までお休みなので、一緒に自転車に乗ることに。
いやいや、別に「今年は自転車に乗る」とNew Year Resolutionをたてたわけでは全くなくて、自転車の調整、準備はもちろん、靴まで出してもらうという相変わらずの「何様?ライド」です。


晴れて暖かい日かと思ったら、280でトレイルに向かうに連れてどんどん霧が広がってきて、着いた公園の駐車場の寒いこと、寒いこと。。。ぶるぶる。
「走れば暖かくなる」という言葉を信じたものの、それは「速く走れば」ってことだったらしく、私のスピードでは寒いまま。
10マイルを一時間ほど走っておしまい。


   くるみもち


身体の芯まで冷えきってしまって、家に帰って何をしてもだめなので、お夕飯はお鍋にしました。
そして、もう一品はこの「くるみ餅」。


元旦にお正月の食べ物の話をしていて、なおとJが「くるみ餅」を作るのがとても大変だったと言いました。
なんでも、とても固い胡桃をトンカチで割り(普通の胡桃割は壊れる位固かったから)、殻から実を取り出すのも手間がかかり、それからすり鉢で摺るという、とても時間のかかるものだったとか。
作り方をなおとJ母に聞き、作ってみることにしました。分量はよくわからなかったので、適当に調整しました。
今となっては、昔の苦労が申し訳ないくらいのあっという間です。
忘れないように書いておきます。


<材料>
剥いたくるみ250グラム
絹ごし豆腐 半丁
砂糖(豪華に和三盆使いました)40グラム
塩ひとつまみ

<作り方>
1.母によると生の胡桃ということでしたが、150度で10分ほどローストしました。
2.胡桃をペースト状になるまでフードプロセッサーにかける。
3.豆腐を入れて混ざるまで攪拌。
4.砂糖と塩を入れて攪拌。

行程これだけ。
かなり沢山出来上がったので、この半分の量で作ってもいいかも。


   くるみもち

胡桃の油分が豆腐と合わせることで和らぐようです。
和三盆のおかげで甘味も上品。本当はもっと甘くしてもいいかもしれません。
生クリームに似た食感で、トーストにも合いそうです。