Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

またSan Francisco

shinaさんのマカロンツアーのブログを読んだら、また行きたくなったサンフランシスコ。
長男が日中家にいないので、午前中は毎日つきっきりで(でもないけど)次男の漢字特訓が続き、次男としてもお出かけでもないと煮詰まってきた様子。
ナビを確保し、次男も引き連れてサンフランシスコへ。


   French Macaron@ Bay Bread


よくあるマカロンも、フレンチマカロンと時々呼ばれている"私が好きな方の"マカロンも、両方ともmacaroonだと思っていたら、私が好きな方はmacaronであった。
両方とも白身系のお菓子だし、両方置いてあるお店では単に「マカロンちょうだい」というと「どっちの?」と聞かれていたので(ようは発音が悪かったのか)同じだと思いこんでいた。好きだと言いつつ、この程度の私のマカロン知識。


The Slanted Doorで Green papayaのサラダ、えびと豚肉の揚げ春巻き、えびと豚肉の生春巻き、鶏肉のヌードルスープを食べてお腹を満たしたあとは、Ferry Building練り歩き。
mietteでマカロン一つとスコーン一つ、LULU PETITEでブリオッシュとスコーン(でも、スコーンが袋に入ってなかったです。。。)、セール中のSur La Tableを角から角まで見て回り、Bay Breadに移動。


 Breads@ Bay Bread Pudding@Bay Bread


十種類くらいある中から、四種類のマカロン。キャラメルの中はキャラメルクリーム、コーヒーの中はコーヒークリーム。次男を荷物持ちにしたら、いくつか潰れちゃってた。
プリンは固め。パンプディングのプリンの部分と同じくらいの固さ。
Bay Breadが近所にあったら、どんなにかいいのに。わざわざ出かけるからついつい色々買っちゃうけれど、欲しい時に欲しい物だけ買って楽しみたい。
次男はBitterseetのホットチョコレートで大満足で帰宅。


実は特別甘い物が好きというわけではないと思い始めているこの頃。
でも、こう「食べ物」カテゴリーのことばかり書いてると、信じてもらえそうもないけれど。
それにしてもshinaさんのおっしゃる通り、マカロンはお店によって色々と違って、好みがあうところを見つけるのが楽しくていい。