Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Beeswax fabric food wrap

twitterよっちゃんさんが5月に載せていた、ビーズワックス(蜜蝋)がけの布

いつもはパーチメントペーパーに包んでからラップに包んでいるパルメザンチーズロマーノチーズを、このラップで包んだら1枚で済む!と思い続けること一ヶ月以上。

 

ちょうど引越直後に知ったので、とりかかるまでに時間がかかった。

ビーズワックスは、5年以上前にCupertinoのFarmer's Marketで買ったものが2本あったので、あとは布選び。

こだわるのならオーガニックの布がいいのだろうけど、材料は増やさないのがモットー(←一応 建前として)なので、色があまり使ってないものは無いかと布のストックを探したら、ピッタリな柄を発見。

作り方はいたって簡単。

木綿の布を必要な大きさにピンキングばさみで切り、パーチメントペーパーの上に置いて、その上にビーズワックスを散らし、パーチメントペーパーをもう一枚かぶせて、上からアイロンがけ。

  

 

ダイソーのおろし金でビーズワックスを小さくするのが、この中で一番の重労働。

ビーズワックスが溶けて染み込んだところは色が変わるので、それを見ながら足りないところにビーズワックスを追加して、何度かアイロンがけ。アイロン温度は木綿位で。

注意するのは、ワックスがパーチメントペーパーからはみ出ないようにすること。アイロンとアイロン台を汚したくないので。

思ったよりワックスを使い、ビーズワックス一本で4枚(一辺がそれぞれ12" 10" 8" 6"の正方形)

あと、ビーズワックスの匂いが少しする。

  

 

仕上がり大満足。

くるくる畳むと何となくくっつくので、テープや輪ゴムで留める必要なし。

オーブンに入れて作る方法もあるけれど、そうするとクッキーシートを専用に1枚用意しないとならないし、アイロンが手軽のように思う。

もう一本、削って数枚作る予定。

汚れたら、水洗いすれば再利用できるらしい。