Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

バターロール

買った本の中からどれを最初に作るか考えた結果、「ぜったいに失敗しないパンづくり」のバターロールから始めることに。

 

サフのイーストの金は近所では売ってないのでどうしようかと考えたら、冷凍庫に以前買ったものが眠っていることを思い出したので使う。かなり古いと思うけど。

 

本の通りに手捏ねするも、バターを入れた後に叩いてもなかなかまとまらず、いつもの叩きに。

 

バターロール一次発酵前

 

捏ね上がり温度は調整しても24℃にしかならず。発酵器はセモリナサワードウが低めの温度で入っていたので、発泡スチロール箱にお湯と共に入れて上げる。

 

47gで12個に分割。生地温度が下がらないように調整しながらベンチしていたのに、成型しようとしたらスケールの上で1つ分が放置されているのを発見。これ一つ冷たい。

 

バターロール二次発酵前

 

滅多に作らないので初めは成型が(写真奥)ヘタだったのが、段々とバターロールっぽい形に作れるようになる。

 

バターロール

 

 

バターが香る柔らかくておいしいバターロール。

(三日目になっても固すぎず、トーストしなくてもそのまま食べられた)

 

試しにオーブン温度を5°F下げてみたのだが、次回は下げなくてよさそう。

冷やしてしまった生地がどれだったか、焼成後の見た目ではわからなくて、誰がどれを食べたかわからないので味の違いもわからなかった。