Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

お役所関係覚書

書いておかないと忘れるので。


その1)陪審員召喚状
たしか三月に末に届き、アメリカ人じゃないので出来ないという旨の連絡をオンラインで四月に。質問のyes/noが紛らわしいので次男にも確認してもらって手続き。
オンラインで手続きしても、その場で確認はできなくて、1週間以内に連絡が来なければ電話して確認しないといけない。でも気にしないで2週間位経過。
心配になって電話してみたら、電話先の人はケンモホロロ。手続きは完了していないから、最初に送られてきたレターを返送しろとのこと。こちらの話は聞いてはくれない。
召喚日も迫っていて心配だったので、もう一つ書いてあった電話番号に電話。どうも何かが矛盾していたとかで、(パスポート番号もグリーンカードの番号も書いたんだけど、)受理されていなかったとか。今回の電話で手続きは完了し、数日で免除の葉書が届くとの言われたけれど、念のため最初のレターも返信。
二日後に免除の葉書が届いて一安心。


その2) Business Tax
毎年Business TaxをSan Joseに支払っている。
今年も支払ってレシートが届いて少しした頃、「ここ数年の間に支払いをしていなかった場合、ペナルティ無しで支払いできる救済期限を5月まで設ける」というDMが届いた。
支払ってるから関係ないので特に気にせず。
たしか先月、払ってない税金は払いましょうみたいなDMがまた届いたけれど、払っているので関係ないからと無視。
そうしたらこの間の土曜日にFinal Noticeと書いた「2011年の税金が払ってない。5月中に払わないとペナルティがかかる。」という葉書が届いてビックリ。
でも額も書いてないし、市役所に電話するか相談に来るようにとあったので、電話では待たされそうだし、ややこしそうなので出かける。
Business Tax Amnestyと書いてある列は長かったけど、列の途中に「何か質問ある?」と回ってきた市役所の人に葉書とレシートを見せたら、葉書にレシート番号を書いて「この葉書は私がもらって手続きしておくから(にっこり)」でおしまい。
やっぱりただの間違いだったらしい…。
でもこれでは私がお役所まできて質問して受理されたという証明が何も残らないので、とりあえずその人の名前を聞いておいた。

以上。