Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

twilight

Entertainment Book

先週、自分でも呆れる程の数の日本のドラマを観た。テレビとかDVDのいいところは、同時に縫い物も出来るところ。日本語ならばさらにわかりやすくて良し。


Twilight (Twilight Saga)


ここのところ次男が"twilight"に続く"new moon""eclipse""breaking dawn"を読み進めていて、「ママも読みなよ」攻撃が毎日続く。せっかく誘ってもらってるのだからと読み出したら、何も他のことをしないまま一昨日の夕方から今朝までかかって、ようやく一冊目を読み終わった。
ほぼ同時に四冊目を読み終えた次男には「まだ三冊あるよ」と言われる。


以下、いわゆるネタばれありです。


先月観た映画もそれはそれで楽しめたのだけど、本を先に読んで映画を観た人ががっかりしている気持ちが、本を読んでみたらちょっとわかった。
例えばバンパイヤ家族はそれはそれは美しくなければいけないし、物のよさそうな服を身に着けていなければならないはずなのだけど、映画を観たときにあまりそれが伝わってこなかったこと。
たしかに美しいことは美しいかもしれないけど、もっと美しく描いても良かったのではないかと。
映画でEdwardが着ているグレーっぽいコートも、あまり良いものに見えなかったので、目立たないように地味なものを着ているのかと思っていたし。Bellaのプロムのドレスもどうってことない服だったし。
野原で野球をするときに着る中途半端なユニフォームも不思議。
森の中を駆け抜けるCGがわざとらしくて優雅さが無い。


とか文句を言いながらも、次の映画もきっと観る。
映画は映画で楽しかったから。