Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

パネトーネ

お正月の一週間前くらいに黒豆を煮て、三が日過ぎてから伊達巻。
玉子焼き器で焼いたので、細巻き。


   伊達巻


そして、ガレット・デ・ロアの日も過ぎちゃったというのに、今頃パネトーネ。
高橋雅子さんのレシピだと、パネトーネ型二つ分ができあがるところ、持っているパネトーネ型はどうみても本のものよりも大きい。ということで、分割せずにそのまま一個で。


   パネトーネ


それでもまだまだ型が大きかったらしく、ずんぐりむっくりとしたパネトーネになってしまったので、翌日に二単位にしてもう一度。


   パネトーネ


量と型のバランスはばっちり。ただ、大きい分火のとおりが悪かったので、もう少しオーブンの温度を下げて焼いた方が、皮が厚く黒くならずにすんでよかったのかも。
まだまだホワイトチョコレートチップもフリーズドライのいちごも残っているので、もう一度作れば満足行くものができるかもしれないのだけれど、バターを大量に使うのでちょっと休憩。
焼きたてがふわふわで好き。


パネトーネ