Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

夏休み終盤

朝からなおとJと長男はボランティアへ。
私はゆみたちと次男と3人でWhole Foodsの移転前セールに。
混んでました。聞いてはいたけど、殆ど何もなかったの。
それでも、スコーンやらグラノラやらとかなりな量をを購入し、10時くらいに帰宅。


次:二人がいないと、話ができなくてつまらないよね。
み:話っていっても、いつも長男と喧嘩になってるじゃないの。
次:う〜ん。ほんとは好きなの。でも、言わないでね。


11時までかと思ったら12時までだったとかで、待ちわびていたせいか、帰ってきたら次男がはしゃいでうるさいこと、うるさいこと。


ようやくキルティングの90%が終了。
ベイキングお休み宣言をしながら、どこか逃げたくて、3日間で6冊も本を読んじゃったりしていて、ほんとだったら今週初めにはキルティングが終わる予定だったのに。
今週、キルティングのお供にしたのは、図書館から借りてきたこのDVD。


ナニー・マクフィーの魔法のステッキ


たしか去年に公開された、このNanny McPhee。
メアリーポピンズ好きな我が家としては気になっていたのだけど、見そこねてしまったもの。
映画館で観る映画もいいけれど、DVDで細かいところまで何度も観るのも何と楽しいことでしょう。
(あ、キルトしながらだから、じっくり観ていてはいけないのだけど)
お話もさることながら、この映画、色がとてもきれい。
趣味の悪いはずの継母候補Mrs.Quicklyのドレスですら、細部を見るとうっとりしてしまう。
ええ、ピンクが好きなので、ピンクと黄緑の色あわせも好きなんです。
7人の子ども達がそれぞれベッドで使っている様々なデザインのキルトや、モチーフ編みのブランケットも色合いがとても鮮やか。
そして、そういう鮮やかな色が氾濫し続けた後、夏にふる雪の白さに包まれた結婚式のなんときれいなこと。
そんなこんなを眺めて何度も観ていたら、「ママ、それ10回以上観てるよ。そんなに好きなら、買えばいいのに。」と次男。
買ってもいいかも。