Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

HEART RATE MONITORS

Exercise


室内自転車トレーニングが三日坊主になってきた頃、
なおとJがオーダーしてくれたハートレートモニターが届いた。
日本語だと、心拍計でいいのかな。
心臓の鼓動を測るために装着する胸ベルトと、腕時計のセット。
なおとJのに比べると、軽っぽい。つまり安っぽい。アイスブルーと書いてあったのに、ライトグレー。


心拍の上限と下限、身長、体重、年齢、性別などをセットしてスィッチを入れる。
心拍が設定よりはみ出ると、アラームで教えてくれる。設定した範囲の心拍を保って運動するといいのだって。運動時間やら消費カロリーも表示される。


初日、なおとJに上限下限を計算してもらって設定し、室内自転車漕ぎ開始。
すごい勢いで漕がないと、すぐに「ピッピ」と怒られる。必死で漕ぐ。
25分でギブアップ。う、気持ち悪いんだけど。。。


二日目、「あぁ、今日もやらなければ。」というプレッシャーを引きずったまま夜へ。昨日よりも設定を下げてもらってトレーニング開始。
体重コントロールには220から年齢を引いた数の60-70%を上限に設定するといいとか。
楽しくなさそうに漕いでいるので、「つまらないの?」となおとJに同情される。
18分で終了。。。


3日目の今日、朝から一日つけて過ごしてみた。
今日はキルトクラスに、ピアノの送り迎えに、Whole Foodsへおつかい、という一般的な一日。
今現在1500Kcal。
また自転車漕ぐのかぁ。。。
買ってもらった手前、続けないとなぁ。


     ししとう


この話題は一ヶ月後に続く(続いてたらね)。